手術で改善|美容外科選びは慎重に行おう|タトゥー除去やたるみ取りができる
婦人

美容外科選びは慎重に行おう|タトゥー除去やたるみ取りができる

手術で改善

レディ

脂肪を抜き取る手術

目の下のたるみは、美容整形外科での手術によって除去することが可能です。具体的には、目の下の脂肪が増えて垂れ下がってくることでたるみが生じるので、その脂肪を抜き取れば、改善されるのです。脂肪を除去する手術は、現在では炭酸ガスレーザーを使用した結膜切開によっておこなわれることが多くなっています。炭酸ガスレーザーなら、メスよりも小さく切開することができ、なおかつ止血効果もあるので出血量も少なくて済むのです。結膜の一部を小さく切開すると、そこから脂肪が押し出されてくるので、それを抜き取ります。脂肪を抜き取った後は、傷口が小さく出血量が少ないため縫合の必要はなく、そのまま手術は終了となります。安全性が高く手軽なため、多くの人がこの手術のために美容整形外科に通っています。

片目の場合と両目の場合

目の下のたるみを炭酸ガスレーザーで除去する手術は、基本的には左右両方の目に対しておこなわれています。しかし人によっては、片方の目の下にのみたるみが生じていることもあり、その場合はもう片方の目にあわせるような形で、片側にのみ手術がおこなわれます。もちろん、その場合でも両方の目に手術をおこなうことは可能で、最終的に左右の目のバランスが取れるようにします。料金は、片方の目にのみ手術する場合は20万円前後、両方の目におこなう場合は30万円前後が、それぞれ相場となっています。縫合しないので抜糸する必要もなく、原則として手術後は通院せずに済みます。クリニックによっては術後1週間ほどで経過観察がおこなわれるのですが、その料金は無料となっていることが多いです。